人気上昇中の炭酸水。美容に取り入れその効果を実感しています

2013年11月04日

炭酸水ダイエットに有酸素運動を取り入れてみると?

炭酸水を用いたダイエットに限らず、
ダイエットを行う上で大切なことはなんでしょうか。

栄養バランスを考えた規則正しい食生活を送ることではないではないかと思います。

そして、その次に大切なことは、適度な運動を行うことですね。
炭酸水ダイエットする際も同じかなと思います。

栄養バランスのとれた食生活を送ること、それに加えて適度に有酸素運動を行うことが
ダイエットのポイントでもありますね。
新陳代謝があがるのでダイエット効果があがるだとか。

運動を行う際には、水分補給が欠かせないですね。
運動中も運動後も発汗したら必ず水分補給を行いましょう。

この時、炭酸水を飲むようにすると炭酸ガスの中に入っている
重炭素イオンが乳酸を中和してくれるのだとか。


乳酸は、運動などで体が疲れることで生じるものですね。
それを炭酸水で中和することにより体を中性に保っておくことができるようです。
あと中性に保つことで体液バランスを保つことにも繋がるようです。

体液バランスを整えておくと、老廃物や不要乳酸などを排出することができるとか。
血流を良くすることもできますね。

これにより疲労回復効果が上がり、新陳代謝も良くなるようです。
そして、太りにくい体質作りを行うこともできるようになるでしょう。


またたくさんの食物繊維などを多くとって便秘を解消することも
良いダイエットになりますね。
効果を上げる方法のひとつでもあります。
ミネラル分を多く摂ることも便秘解消のひとつの方法だと思いますので、
ダイエットの効果をあげることに繋がりますね。

このように炭酸水を上手く使うことでダイエットを成功に導くことができるでしょう。
posted by 炭酸水の効果をバッチリ♪ at 09:14 | TrackBack(0) | 炭酸水 ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

炭酸水ダイエットには軟水?硬水?A

前回、軟水と硬水の定義などを考えてみました。
炭酸水ダイエットには、軟水と硬水どちらがよいのでしょうか。

ダイエット炭酸水を取り入れていくと、味に飽きてきませんか。
水より炭酸水の方がダイエットに向いているなと思っていましたが、
同じ物を飲んでいると飽きてきてしまいます。

継続的にダイエット炭酸水を取り入れるには、
いろいろな味を取り入れてみましょう。

前回をまとめると、
硬度の数値が低いもの軟水になります。そして、数値が高いものが硬水になります。

とは言っても硬水と軟水の分類について特に統一規格はあるわけではないようです。
一応、一般的には超軟水から超硬水まで5種類に分類してはいるようですね。

硬度が低い軟水の場合、主に出汁をとったり日本茶を入れたりするものに使います。
それが一般的な水ですね。

硬度が高い硬水は、カルシウムやマグネシウムなどミネラル分の量が増えますので
味が苦くなってしまいます。ですので、上で挙げた使い方は向いてないようです。


一般的には、硬度0〜50までを超軟水、硬度51〜100までを軟水、
硬度101〜300までを中軟水、硬度301〜1000まで硬水と言うのだとか。
硬度1001以上を超硬水としているようですね。


このようにミネラルウォーターや炭酸水には水自体の硬さがあります。

カルシウム分の高いミネラル分を含んでいるミネラルウォーターは、
かりっとした独特の味わいです。
マグネシウム分が高い場合は、苦味を感じるようになります。
ナトリウム分が高い場合は、ぐっとしまった味を感じます。

これらの水の味は、マグネシウムとカルシウムが入っているバランス量によって変わるようです。

もっとも理想的なバランスについては、カルシウム=2に対しマグネシウム=1です。
このバランスの炭酸水ダイエットに取り入れると良いでしょう。



posted by 炭酸水の効果をバッチリ♪ at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 炭酸水 ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

炭酸水ダイエットには軟水?硬水?@

炭酸水ダイエットには、軟水と硬水どちらがよいか考えていきましょう。。

炭酸ダイエットするときに、
自分の好きな炭酸水ダイエットに適していると嬉しいですよね。
どのような炭酸水ダイエットによいのでしょうか。

水には「軟水」と「硬水」があることをご存知でしょうか。
もちろん炭酸水にも「軟水」と「硬水」があるようです。

炭酸水ダイエットにはどちらが適しているのか、、、、
「水がやわらかい」、「水がかたい」と書きますがどのような違いがあるのでしょうか。


軟水、硬水について考えてみましょう。

一般的にダイエットなどには硬水が良いとされいて、
軟水の方は、お料理に使うのが良いとされています。


水にはそれぞれ硬度も定められており、ダイエットには、
硬度の高いものほど良いとされているとか。
どのような定義になっているのでしょうか。


天然水は、雪や雨が地中にしみ込んで地層において汚れや不純物をろ過します。
そのかわりに地中にあるミネラル分が染み出てきたものになるようです。


このミネラル分が多ければ多いほど硬度が高くなり、
ダイエットによいとされている硬水と定義されます。
その逆が軟水です。


地層の中での滞在時間とミネラル分の量は比例しているのだとか。

このときの地層を通る時間とスピード、ミネラル分の成分などによってそれぞれの水に特徴ができます。

日本は、国土が狭くて地層がやわらかいので、軟水のところが多いですね。
硬くてゴツゴツとした地表が多いのがヨーロッパなどでは、硬水が多くなっているようです。




posted by 炭酸水の効果をバッチリ♪ at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 炭酸水 ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。